【佐伯 要 プロフィル】

 

スポーツライター。野球のノンフィクションを中心に
読者のみなさまの「心のサプリメント」になるストーリーを
書いています。

大学野球(特に東京六大学、東都)を中心に、
「取材の量と原稿の質は比例する」
「どれだけ無駄足を踏むかが原稿の深さを左右する」
をモットーに、地道に現場に足を運ぶことを積み重ねています。


「週刊ベースボール」「大学野球」「ベースボール・クリニック」(以上ベースボール・マガジン社)などの野球専門誌で執筆中。
元プロ野球選手や指導者の書籍の編集協力も担当しています


 

2014年から2年間は、日本工学院八王子専門学校の非常勤講師を務め、文章によるコミュニケーションを指導しました。



【経歴】
1971年3月30日生まれ。和歌山県新宮市出身。


小学4年から野球を始める。小5から捕手。
兵庫県佐用町立佐用中では軟式野球部で捕手、三塁手としてプレー。
中3夏の大会終了後は龍野ボーイズに所属。
兵庫県立佐用高では1年夏からベンチ入り。2年秋から正捕手となり、3年夏は県大会2回戦で敗退。

早稲田大学スポーツ科学科へ進学。
大学では軟式野球サークル「アスコットパワーズ」で野球を楽しむ。

卒論は「バッティングスキル上達のためのイメージトレーニング」。

大学卒業後は、スポーツメーカーの㈱ゴールドウインで営業に携わる。主にテニス/スイムブランドの「エレッセ」、レディスフィットネスブランドの「ダンスキン」などを担当。商品企画のプロジェクトにも参画しました。

上司や先輩、同僚に恵まれたものの、「好きなことを仕事にしたい」という思いが強くなり、
16年目となった2009年春に同社を退職。フリーライターとして活動を始めました。

当初は実績もコネクションもなく、仕事もまったくありませんでした。いろんな出版社にアプローチしたが、門前払いの日々が続きました。それでも、とにかく現場へ行き、取材を重ねました。

そして、2009年秋。
取材現場で「週刊ベースボール」の編集者さんと出会いました。
そのときカバンのなかに持っていた、誰にも頼まれてもいないのにすでに書いていた原稿がきっかけとなり、
「週刊ベースボール」でデビュー。


そこからはいっしょに仕事をした編集者さんやカメラマンさん、
現場で出会う同業のライターさんからの紹介で仕事をいただけるようになりました。

おかげさまで、無事に2021年にライター歴13年目を迎えることが
できました。

いつも取材させてくれる指導者や選手のみなさん、
原稿を依頼してくれる編集者の方々に感謝しながら、
日々、取材を積み重ねています。

 

  すべてはスポーツ!
  ~スポーツライター 佐伯 要のホームページへようこそ~

© 2023 by SAMANTA JONES. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now